ライブに行ってきた後日談

ライブに行ったら耳がイカれたという話だったが数日経った今では異常という異常はない。ライブに行った翌日に病院で検査を受けたがそれほど症状は悪くないようだった。やはり音響外傷性難聴とのこと。周波数によっては左右で±10dbほど聴力に違いがあり500-4kHzにかけて全体体に弱くなっていたが、この程度ならすぐ治るだろうし生活に問題が出る程度でもないといわれた。耳鳴りも数日で治まるはずといわれた。実際その日のうちに耳鳴りは治まり聴覚の違和感はなくなった。医者にはあなたは聴覚が弱いし自覚してるならそういうとこ行っちゃダメだと言われた。繰り返せば聴力が戻らなくなるといわれた。ごもっとも。気を付けます。薬も飲んでいるがただのビタミン剤だけで、耳がおかしくなるといつも出される奴だ。ステロイドとかは使ってない。一時はもうダメかと思ったが思うより深刻な事態にはならなかった。

 

さてここからが本題だ。先日注文した耳栓が届いた。CRESCENDO Woodwindだ。

メーカーHP ホーム | Crescendo

内容物はアマゾンのパッケージの画像で見えるのがすべてで耳栓大小1ペアずつとケースの他には説明書が入ってるだけだ。WESTONEは1万でこれは5,000円なのでお買い得だと思って買ったが、たかが耳栓一つに掛ける値段としては普通に高い。ちなみにTwitter検索で調べるとWESTONEのはカラーリングが若干違うだけで作りは一緒だと言っているのを見かけた。性能はメーカーページの通りならおそらく同一であるから明らかにお得である。装着は中々難しくコツがいる。日本人は一般に外耳道が曲がりくねっているらしいからであろう。海外のメーカーでそこまで考えてるとこは少ない。つけてしまえばぴったりはまるので動き回っても取れたりはしなさそうだ。音響フィルタを付けないと真ん中をくり抜いたチョココロネのような形状なので、耳につけても素通りしてしまう。耳栓をした状態でヘッドホンを付けてみる。なかなか悪くないがメーカーページの通り2kHzが減衰のピークでそれ以外の帯域は減衰が少ないのでボーカルとかは少しくぐもって聞こえるかもしれない。まあそれほど気になるというほどでもない。悪くない買い物だった。必要な投資だ。

耳を大切にする

最初の記事を上げてから長い間放置してしまった。忘れていたわけではないのだが、早見沙織デビュー作といわれる『桃華月憚』がどのレンタルビデオショップに行っても見つからず、当初の目標である早見沙織出演作品をWikipediaの上から順に見ていくというのが実行できず身動きが取れないのである。今加入しているAmazon プライムビデオもDアニメストアも配信をしておらず、探した範囲ではTSUTAYAの宅配レンタルでどうやら見られそうというだけである。しかしこのサービス中々高くつく上に会員登録が必要なようでずっと迷っているという状況だ。というわけで今回更新回数も少ないうちに脱線してしまう。

 

昨日9/30覆面系ノイズスペシャルライブに行ってきた。素晴らしいライブであったし、この時のレポートは早めに書かなければと思っている。しかし、少々問題が生じたので事の次第を書くことにする。ライブは渋谷WWWXというところでおこなわれた。客席はオールスタンディングで整理番号順に誘導された。幸い比較的若い番号に当たったので近い場所から見たい。中央は既に人が集中していたので諦め、おそらく高垣彩陽も登壇する関係上、早見沙織は若干上手側に立つことがあるだろうと予想し、私は客席右手寄りのステージから数メートルのところに陣取った。予想通り2人が歌う際には早見沙織は上手に立ち目論見としては成功した。しかし、ライブが終わって数時間しても右耳の耳鳴りが止まらない。ライブ中には多少耳に違和感があったが食事をしても睡眠をとっても治まらない。―音響外傷だ。

 

当然ステージの両脇にはスピーカーが配置されている。スピーカーからは5メートルほど離れていたから問題ないと思っていたが甘かった。音響について思うことは色々あるが、今回得た教訓はとにかく集中方式の音響は後方にまでしっかり音が届けられるようにできているから近づかない方がいいということである。当たり前だ。

 

大きな音を聞いた後、聞こえがおかしくなったときは音響外傷らしい。聞こえの異常はすぐに病院に行かないとならないらしい。以前突発性難聴になった時に医者から聞いた。有毛細胞というのがイカれてしまうらしい。音(振動)を神経の興奮に変換する直接の役割を持つのが有毛細胞でこれは神経細胞らしい。人間の神経というのはなぜか壊れてしまうと回復しない。怪我で神経を切ってしまうと動かなくなったりするのと同じで、聴覚も一度ダメになると元に戻らない。理由は知らないが難聴の類は早期に治療すれば治るらしい。1週間も放っておいてはダメで、できれば症状が出たその日に行くのが良いらしい。突発性難聴を2回経験したが症状が出て数時間で診察を受けたため今もほとんど影響はない。今回も治ると良いが。

 

対策をしておくべきと思った。スピーカーから離れるというのが最も簡単で金もかからないのだが、せっかくなので近くで見たい。耳栓を買うことにした。耳がデリケートなようだし必要とも思っていたのだが、結局金が無くて手を出さずにいた。それがこの始末である。イヤープラグは数年前に存在を知り、いくつかデモで体験させてもらったが低価格帯のものは周波数特性的がフラットにならないので音楽鑑賞には使えないと思っていた。ネットで調べた限りでは、周波数特性が良さそうなのはCRESCENDO Woodwind(実売約5k)とWESTONE TRU16(実売約11k)だ。

音圧低減効果 | Crescendo

高音質インイヤーイヤホン/カスタムイヤホン(IEM)のWESTONE TRUユニバーサルイヤープラグ プロフェッショナル|テックウインド株式会社

値段は倍ほど違うが、この二つ周波数特性はあまり変わらない気がする。表示域外の特性は不明だが、おおむねフラットで減衰のピークが2kHzくらいにあり8kHz付近で再び減衰が大きくなっていく曲線だ。というか見た目も構造も同じだしOEMじゃないのか?ということでCRESCENDO Woodwindを買うことにした。サイズ違いもついてくるし安いしこっちのがお得だ。WESTONEのフィルター単体(8k)よりもこちらの本体込みのが安い。

 

大音量から身を守ることが大切。WESTONEのブランド料?……と思ったのであった。

早見沙織出演アニメについて[第1回]

せっかく早見沙織出演作品を色々と見るのだから、所見を書いていこうということだ。

記念すべき第1回目に何を見るかは既に決まっていた。
早見沙織のデビューは2007年でテレビアニメの『桃華月憚』の川壁桃華であるのだが、

Wikipediaの早見沙織の出演作品の項目、テレビアニメの欄に一番最初に書かれている作品は『CLANNAD-クラナド-』の女子生徒役となっている。実際に放送されたのは『CLANNAD』が10月、『桃華月憚』が4月に放送開始であるからこの表記の順番は時系列とは合致しないが、これはあいうえお順に列記されているためで、これからもWikipediaを参照していくことを考えて上から順番に見ていった方がわかりやすいと考えただけである。特にそれ以上の意味はない。


CLANNAD』についてだが、言わずと知れた名作と呼ばれるヤツである。『Kanon』、『Air』と続くKeyの恋愛アドベンチャー三作目で発売は2004年4月28日である。どの作品も有名ではあるが、自分はいわゆるギャルゲー、エロゲーといわれる作品に疎くプレイしたことはないし、見たこともなかった。そもそも放送された2007年当時はまだ小学生で、そういった類のジャンルにはまだ興味はなかっただろう。そんな状況だったが中高に上がってからは『Kanon』、『Air』、『CLANNAD』といえば
よく耳にするタイトルで、BSやCSで再放送もしていたと思うし同級生にはそれらのプレイヤーもいた。「クラナドは人生」という言葉も友達に聞いたが、個人的には特に思うところはなく単に有名な作品という認識だった。


実はこの作品の第1期の22話(+番外編2話)をすべて見たのだが、早見沙織の出演は1話のみであった。出演していたのは女子生徒役で第1話の12分20秒から13分15秒くらいまでで台詞は「すっごく強いんです!下手に出ていくとかえって邪魔になりますよ?」、「カッコイイー!フフッ!」の2つだ。聞き取りにくくキャラも画面には出てこないので断定はできないが14分50あたりの「やっぱりつよーい」もしくは「カッコイイー」のどちらかもそうかもしれない。いずれもキャピキャピとしたかわいらしい女の子という印象を受ける演技だ。最近の作品しか知らない僕としては、今とは若干発声が違う気もするという程度の違和感はある。(そこになんかちょっと萌える。)

f:id:georgeug:20160902233046p:plain

↑右の半そでで髪の長い女子生徒役が早見沙織である。出番はここだけだ。


本当に出番はこれだけである。番外編も全て通して見てエンディングのテロップも完全に抑えたが全く出演はなかった。After story(2期)はそもそも出演しているという情報がない。早見沙織目当てなら見る意味はほとんど無かったといえる……

以下は『CLANNAD』アニメの感想でネタバレを含んでいる。
CLANNAD』はゲームの製作が2004年であるからかキャラクターのデザインや全体的なグラフィックが2016年現在ではやや古臭いように思えるが特に苦痛に思うレベルではないし、作画も安定している。おそらく登場する女性キャラクターは多くが攻略対象となるのだろうがアニメ第1期の本編では古河渚とのストーリーが中心となっている。正直なところアニメとしてのデキはそこまで良いとは感じられない。ゲームでは良くあることだとは思うがアニメでみると場面の転換が多く不自然な流れに感じるしテンポが悪いと思う箇所もある。22話の編成にしたときに1つ1つの話にわかりやすいヤマがないというのも見ていて退屈してしまうことがある。また、古河渚以外のキャラクターとのストーリーは場合によっては話の本筋とは全く関係なくなってしまい、一之瀬ことみや坂上智代のくだりなど蛇足ととれる部分もある。ただしそれらのストーリーの中でも古河と岡崎の関係が少しずつ変化していくという点で全く不必要とも言えないのだが、そのあたりを考慮してもあくまでゲームとしての筋書きから脱出できていないと思う。そして最も目立った短所といえば本編では主人公の成長や努力が特に見られないところだと思う。演劇部を復活させるという活動はしてみせたもののあくまでも手伝いをするという程度の活躍といえ、仲違いをしていた父親との関係に決着がつくわけでもなく、遅刻とサボり癖も治っていないように思える。家族との関係というのがひとつのテーマであり、終盤の古河家の物語は、序盤から丁寧に打たれた布石を土台にして盛り上がる大きな見せ場となっているが、その反面主人公である岡崎の親子関係が変化せず幕引きとなっているのでモヤモヤとする。また、アバンにたびたび入る謎の僕の声(エンディングのテロップの表記から)と少女の描写についても説明があまりなく理解に至らないためしこりを残している。(もっとも2期を見れば感想は変わるのかもしれない。父親との関係や謎の少女のあたりなど。)

残念ながら僕の見方としてはアニメを見ただけだとクラナドは人生などとは到底言えそうにない。

開設にあたって

自己紹介をしましょう。私は早見沙織という声優が好きなただのオタクです。

そしてこのブログは主に早見沙織さんについての情報を書きこむ場とします。

個人的な備忘録的なものとして書いていきますが、それだけでは公開する意味が無いので、見ている人からは早見沙織という声優が一人のオタクから見てどんな風に見えてどう感じたかが分かるようなブログにしたいと思っています。

 

ブログはある時点での個人の意見が比較的長い間、誰もがアクセスできる公共の空間にさらされています。少なくとも今から10年前の誰かのブログの記事などもそれが有名人でなくても容易に見つけることができる。

こうした個人の意見は何かの公式サイトや某Wikipediaなどにはない主観的な情報が得られるという点で私にとって大変有用だと思っています。歴史の長いものを途中で好きになったときには情報を集めるのに苦労すると思います。例えば「このアニメは面白いんだろうか」、「このCDはどのくらい買う価値があるのだろか」などと。公式サイトやWikipediaなどの情報はそういうモグリにはあまり有用性がないと感じる。

 

私にもそういう経験があり、そのときに役に立ったのがあるブログで、その人の個人的な意見やその人が感じた当時の流行りや現代においての価値などが書いてあって大変な感動を覚えた。このブログも少しでも誰かの役に立てば良いと思っています。

 

ここまで書いて大きな風呂敷を広げてしまったと我ながら思っていますが、これは所詮早見沙織大好きオタクの備忘録です。